隘路

社畜による情けない日々

ガジェット

iPhoneSE2まだですか……?(7年使ったAndroidから今更iOSに乗り換えようとしている社畜です)

スマートフォンを購入したのは確か7年前。これまでずっとAndroid機種を使ってきたのですが、次回の買い替えではiPhoneに変えようと思っています。 当時はAndroidしか選べなかった 7年前当時、iPhoneはソフトバンクが独占供給していて、家族みんなでドコモ…

EOS6Dmark2 触ってきました

先週の東京出張の最中、こっそり仕事を抜け出して、銀座のキヤノンショールームに行ってきました。 お目当てはもちろん6Dmark2です。 平日の午前中にもかかわらず、前にも後ろにも順番待ちができていました。皆さん気になってるんですね…… 親切なカメラだな…

EOS 6D Mark II 発表されましたね

ついにEOS6Dmark2が正式に発表されましたね。 cweb.canon.jp バリアングルモニター搭載のフルサイズ機というユニークなユニークな特徴を持った機種ですが、周囲のカメラ好きと意見交換したところ、「このスペックならもう10万出して5Dmark4買うかな」という…

【社畜レビュー】M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II

midnightcats.hatenablog.com ゴールデンウィーク突入ちょっと前にサブカメラとして(ここ重要、物欲に負けない)オリンパス機を購入し、12-40mmF2.8proの寄れ具合についてテンションのままに紹介したところですが…… レンズが増えました。 M.ZUIKO DIGITAL E…

OMD-EM1のシャッタースピードが1/8秒より長くできなくて焦った話

きっかけはこの記事用の写真を調達しにいったこと。 midnightcats.hatenablog.com 1/30秒での比較写真を撮影した後、手ぶれ補正がどれくらい効くのか試したくなり、シャッター優先モードに切り替えてダイヤルを回していったところ…… 1/8秒を境に、秒数が伸び…

【社畜レビュー】OM-D E-M1&12-40mmF2.8Pro その3(APS-C機とのちょっとした比較)

GW期間中(GWに限らず長期休暇はたいていそうなのですが)は仕事と休日を交互に繰り返しています。 まとまったお休みがとれないのは客商売の宿命ですね。 出張はたいてい飛行機か電車なのですが、今回は珍しく出先から車が使える……ということで、一眼2台持…

【社畜レビュー】OMD-EM1&12-40mmF2.8Pro その2(ファーストインプレッション)

midnightcats.hatenablog.com ついに買ってしまった OMD-EM1。GWを活かして早速試し撮りしてみました。 ファーストインプレッション ・近景の緑が鮮やか オリンパスは彩度強めという評判を実感しました。特に緑色がはっきり発色しているように思います。 ・…

【社畜レビュー】OMD-EM1 &12-40mmF2.8pro その1(購入に至るまで)

迷いに迷った末、ついにミラーレス機を購入してしまいました。 オリンパスのOMD-EM1、12-40mmF2.8proレンズ付きのキットです。 マップカメラの中古で、10万円ほどのお買い物でした。 先週の日曜日に届いて、出張にも持ち出しました。 初のオリンパス機、レ…

【社畜レビュー】ワイヤレストラックボール「Orbit Wireless Mobile Trackball」

会社ではノートパソコンのほか、マウスと電卓が支給されます。 電卓はなかなか良いもの(4000円程度)を用意してくれるのですが、マウスはノーブランドの有線マウスで、お世辞にも使いやすいとは言えません。 そのせいか、社員の多くが私物のマウスを使…

新しいカメラを買いに行ったのに、EOS60Dの良さを教わって帰ってきた件

1月頃に「ミラーレス一眼が欲しい」という話を書いて、それから候補機種(もある程度絞って来たところだったのですが、3月が急に忙しくなったせいで棚上げになっていました。 midnightcats.hatenablog.com

【社畜レビュー】REALFORCE 91UBK-S

筆者は貧弱なオタクなので、ノートパソコン本体のパンタグラフ式キーボードを長時間使用すると、すぐに指が痛くなってしまいます。 指に反作用が跳ね返ってくる感じといいますか、あれがどうも辛いのです。 パラリーガル時代は調べ物や軽作業をしている時間…

【社畜レビュー】Canon Powershot G9X

パラリーガルからの転身を決めたのが、昨年の4月のこと。真っ先に用意したのが、外回り用の鞄とコンデジでした。 これまでのように、判例や条文、学説を調べるという作業は無くなり、ヒントも答えも日常の中から見出していかなければならない、そんな環境に…