隘路

社畜による情けない日々

EOS6Dmark2 触ってきました

先週の東京出張の最中、こっそり仕事を抜け出して、銀座のキヤノンショールームに行ってきました。

 

お目当てはもちろん6Dmark2です。

平日の午前中にもかかわらず、前にも後ろにも順番待ちができていました。皆さん気になってるんですね……

 

親切なカメラだなあ

第一印象は親切の一言に尽きます。

ダイヤルを回して撮影モードを切り替えると、それぞれに説明が表示されるのが最たる点ですが、そもそもバリアングル液晶もプロ向けというよりはお手軽層向けの機能ですし、センサーサイズが大きいという先入観を取り除けば、一台目の一眼レフとしても使えるだろうなーと思いました。

少なくとも60Dよりは絶対直感的に使いやすい。

 

一方少し残念だったのが、撮影してからプレビューが表示されるまでのタイムラグが若干長いところです。

マニュアルモードで露出調整しながら撮るときなんかは、まず1枚撮ってすぐ確認して調整……という順序になると思いますが、これがスムーズに行かない(少なくとも60Dより遅いと思う)のが、後々ネックになりそうです。

 

触ったあとアンケートにも書かせてもらいました。

 

ついで?に1DXmark2も触ってみたのですが、なんというか別次元ですね…超楽しい。

 

ちなみに現在、夏賞与ガッツリ減額のせいで懐具合が大変厳しいので、購入するかどうかは当面検討すらできない状況です。夢くらいは見させてほしい……