隘路

社畜による情けない日々

【写真あり】北朝鮮の木造船(漁船)を見に行った時のこと

北朝鮮に関しては、ミサイル関係だけでなく、漁船が違法操業しているニュースがよく流れていますが、実は自分、過去にあの漁船を間近で見たことがあります。

 

一昨年の冬のことですが、北朝鮮の漁船と思わしき木造船が流れ着き、中から数人が遺体で発見されたという出来事がありました。

毎年冬になると、ほとんど残骸と化した木造船が何隻が漂着するのですが、船の形を保ったまま漂着したのは結構珍しく、しかも中から仏さんが出てきたということで…大きなニュースになりました。

 

今でも見られるニュースリンク

www.cnn.co.jp

 

処分にも相当手こずったようで、数ヶ月間、近くの漁港に安置されていました。

誰でも自由に見学できる状態で置いたあったので、自分も見に行ってきました。

 

ハードディスクの中を探ってたら……その時の写真を見つけたので、貼っておきたいと思います。

 

まずは全体像。

f:id:midnightcats:20170820210014j:plain

f:id:midnightcats:20170820205929j:plain

 

何かの番号

f:id:midnightcats:20170820210048j:plain

 

後ろから。漁網と思しき網つき。

f:id:midnightcats:20170820210134j:plain

船室

f:id:midnightcats:20170820210157j:plain

上のほう。電球と旗が付いています。

f:id:midnightcats:20170820210210j:plain

 

 

総評:テレビで見るよりでかい

テレビで見ると正直しょぼい船しか見えないのですが、実物は迫力があります。普通に船室もあるし、武器を積んでいてもおかしくない雰囲気です。

ただ大きさのわりに機械設備が全然無いようで、これで外洋に繰り出せと言われても厳しい感じがあります。(船のことは全然わかりませんが……)

 

写真では見づらいですが、甲板?の下に入る扉のようなものがあり、そこで乗組員が寝ていたように見えました。

大きさだけは確保してあっても、設備はかなり貧相なもののように思われます。

どういう目的で出航したのかはわかりませんが、きっと大変な航海だったことでしょう……形を保っている方が少数派で、実際にはもっとたくさんの船が難破しているのかもしれません。