隘路

社畜による情けない日々

趣味用カメラとして素人がフルサイズ機を買うかどうか

友人がEOS5Dmark4を購入したのがちょうど1ヶ月ほど前。

 

midnightcats.hatenablog.com

 

続いて1週間後、自分がOM-D E-M1mark2を購入しました。

 

midnightcats.hatenablog.com

 

彼は鉄道写真撮影に、僕は仕事(とマギアレコード)で忙しく、なかなか顔をあわせる機会が持てなかったのですが、昨日お互いの成果を見せ合いながら、趣味でのカメラの選び方について、意見交換してきました。

彼と僕とは、同じような時期に「そこそこの性能」を求めてEOS60Dを購入し、同じような時期に今度は正反対の性質のカメラを、迷いぬいた末に購入しました。

ど素人の意見になりますが、物欲と戦っている人の助けになればと思い、意見交換の結果を書いていきたいと思います。

 

「フルサイズ機でしか撮れないもの」は趣味人レベルでも確実に存在するらしい

彼は鉄道撮影がメインフィールドで、以前からコツコツとLレンズを買い揃えていましたが、本体はずっとAPS-C機である60Dを使っていました。

フルサイズ機への移行理由は「望遠側のレンズ資産が整った」とのことで、もともと「いつかはフルサイズ」と決心していたようです。

 

念願のフルサイズ機を使ってみた感想を聞いたところ、

  • 同じレンズでも出てくるものが全然違う
  • jpeg撮って出しでも、そこそこ満足できるものが撮れる
  • レンズが同じであれば、本体の重量増は気にならない
  • 何より操作性が良く、撮っていて楽しい

この4点が主なところだと話していました。

出てくるものが全然違うというのは、写真を見せてもらっても正直自分にはよくわからなかったのですが、そもそも自分は鉄道写真に疎く、良し悪しが全然わかりません。

写りの違いは、自分がよく向き合っている被写体を相手にしてみないと、結局わからないのだと思います。

 

メカとして超楽しい

続いて僕のOM-D E-M1mark2感想。以前の記事と同じく、太陽の光がある場所ではとても頼りになること等を伝えるとともに、実際に彼に触ってもらいました。

「取り回ししやすい」「手ブレ補正がすごい」という部分は、口でいくら説明するよりも、実際に触ってもらった方がずっとわかりやすいと思ったからです。

 

目論見通り、触るにつれて彼のテンションがどんどん上がっていき、しまいにはプロキャプチャーモードで遊び始めて、200枚ほど撮影されてしまいました(^_^;)

彼の感想は「出てくるものの良し悪しは置いといて、使っていてラクだし楽しい」とのこと。これだけわかってもらえたら、僕としては十分です。

 

写真撮影だけなのか、別のことをしながら写真撮影なのか

お互いの新機材を披露しあった後、改めて「どうしてこのカメラを買ったのか」を内省しつつ、カメラ選びについて考えました。

 

自分は過去記事のとおり、フルサイズ機にも強く惹かれています。これは今も変わりありません。しかし同時に、機材を少しでも軽量化したいと思っています。

一方で彼は、機材をコンパクトにする方向には一切関心がなく、良い写真を撮ることを最優先に考えています。

「好みの違い」と言ってしまえばそれまでなのですが、今回はどうしてこんな違いが現れるのか、考えてみました。

 

考えた結果、写真撮影スタイルの違いという結論に至りました。

彼がカメラを持ち出すのは、写真撮影だけが目的のときに限られます。

旅行にしても、写真撮影旅行とその他の旅行とではっきり分けています。前者の場合は一人で出かけ、荷物は写真機材ばかりです。旅程も写真撮影に特化した時間・コースを事前にリサーチして、緻密に組み上げています。

後者の旅行の場合には、カメラは持ちません。スマホで記録写真を撮る程度です。

 

僕の場合は、写真撮影だけが目的という場面は皆無で、仕事の一環であったり、旅行中であったり、色々な場面でカメラを使います。

特に仕事中は、上司のカバンを持ちながらであったり、立ち止まる暇すらなかったり……写真撮影に集中できる場面はほとんどありません。

もちろん、荷物もカメラ機材だけではありません。紙の資料からノートパソコン、営業先への菓子折りなどなど……鞄一つに収まりきらず、キャリーケースになることもしばしば。フルサイズ機を買ったとしても、なかなか持ち出せないと思います。

 

旅行であっても、写真撮影だけを目的にすることはありません。むしろ写真撮影は電車の待ち時間など、時間調整をしなければいけないときがメインです。記録を残すよりも、現地でしか味わえない雰囲気を楽しみたいので……

 

写真撮影オンリーのために外出するか?

僕と彼の場合、好み・関心に沿っているだけでなく、使用するシチュエーションにも適ったカメラを選べたので、満足のいく買い物ができたのだと思います。

現状の僕がフルサイズ機を買っていたとしたら、感動のあまり性格が変わって写真撮影のためにガンガン遠征していたかもしれませんが、なかなか持ち出せずに埃をかぶっているほうが自然です。

 

繰り返しになりますが、いまでもフルサイズ機への興味は熱く煮えたぎっています。今度出張で都会に行った時には絶対D850触りたいし。

でも今回、彼のような「写真撮影のためだけに外出する」というライフスタイルを目の当たりにして、現状の自分とは別世界の存在だな、と確信しました。

 

同時に、荷物の量や投資額も考えると、「写真撮影のためだけに外出する」か否かを、フルサイズ機購入の基準の一つとして考えても良いのかな、と思いました。

 

「フルサイズ機」というくくりで物事を考えることの適否など、色々もっと考慮すべきことはあると思いますが、とりあえずこんな結論に至った次第です。

 

友人からは「じゃあ小型軽量なフルサイズ機使えばいいじゃん。α9。」と煽られましたが、高いよ!