隘路

社畜による情けない日々

フルサイズ高画素機への憧れ

10月から11月にかけて、プロカメラマンさんに宣材写真を撮ってもらっています。
これまではオープン当初に撮影した宣材写真を使いまわしていたのですが、さすがに古すぎるとの社内指摘を受け、撮影し直すことになりました。

自前のチラシを作る程度であれば僕撮影の写真で済ませるのですが、外部メディアに提供する分には気を遣います。変に素人写真を送ると、メディア側を怒らせてしまい、折角の取材を逃す羽目になりかねません……

お願いしているカメラマンさんはCanon派で、
建物(外観、内装)撮影は5DsR&EF16-35mm F2.8L III、商品撮影は5Dmark4&EF24-80mm F2.8L IIで対応してくれています。
単焦点レンズも持ってきているようですが、使っているところは見ていません。
開店前の短い時間で撮影を依頼していることもあり、レンズ交換している余裕が勿体ないほど慌ただしくさせてしまっています。申し訳ない…

建物も商品も、日々の記録(&趣味)のために僕も撮影しまくっているので、プロ撮影写真の納品を拝見すると、僕撮影の写真とアングルが同じであるケースが頻繁に発生します。
こういう場合、原理上は同じものが写っているはずで、実際に被写体は同じなのですが、写真としては全然違う仕上がりなんですよね……
良いお手本が手に入ったと考えて、精進していきたいと思います。


高画素の世界


今回お願いしているカメラマンさんが使っているのは5DsRと5Dmark4で、いずれも画素数3000万超えの機種です。

一方、僕がこれまで使ったことのあるカメラは、いずれも画素数を売りにした機種ではありません。最も画素数の多いE-M1mk2で約2177万画素、1.5倍もの差があります。
これまで高画素機とは無縁で、画素数多寡の比較をしたこともなかったこともあり、5DsRで撮影した内装写真の解像具合にはいたく感激しました。


細かい文字が読めるとか、色の階調が豊かだとか、こういう美的な部分は勿論、ピクセルの大きさが全然違うんですね。
一度この世界を知ってしまったら、素数を追い求めたくなってしまうのも当然なのかなと思いました

 

社外秘のため比較写真は載せられないのですが、感動したという事実、そして今年の初めころに燃え滾っていたフルサイズ機への憧れが蘇ってきたことを、備忘も兼ねて書き残しておきたいと思います。

 

いつ使うんだ&財源はどこだと自分に言い聞かせて、冷静さを保ちたいと思います……

平日にブログ書けるくらいにはお仕事無いし、このままだとボーナス出なさそうなんですよね……

柿泥棒に遭いました……

田舎にありがちなことなのですが、うちの実家も飛び地の畑を持っていて、そこで両親が片手間にタマネギや大根や果樹を育てています。

11月の天気が良い日に、丸一日かけて柿を収穫するのですが、毎年秋の恒例行事なのですが、今年は20分くらいで終わってしまいました。

柿の大半が、何者かに勝手にもぎ取られてしまっていたのです。

 

大根が1本抜かれているくらいはよくあることなのですが、果樹がやられたのは初めてで、皆驚いています。

f:id:midnightcats:20171112142125j:plain

結局、収穫できたのはタライ1杯分のみ。しかも鳥にやられた傷物ばかり…

渋柿なのでこれでも食べられますが、残念なことには変わりありません。

 

美味しく食べてくれるなら、それはそれで……

手間暇かけて育てたものが盗られたこと自体は大変嘆かわしいのですが、正直なところ、柿が惜しいとは誰も思っていません。

両親も年をとってきて、大量の渋柿を干したりする体力がもうありません。きっと全部収穫していたとしても、大半を腐らせてしまったことでしょう。

僕が手伝わなければ、収穫すらままならなかったはず。

 

 

作ったはいいけど消費しきれない果物という問題、うちだけではなく、田舎ではよくある話なのではないでしょうか?

野菜の場合は植え付けをしなければいいだけの話なのですが、果樹は放っておいても実がなります。そのまま放っておくと腐ってしまい悪臭を放ちますし、野鳥を呼び集めて糞害の原因になります。

 

なので今回の柿泥棒も、最初は畜生め……と思いましたが、今ではみんなホッとしています。

 

果樹は厄介?

斬ってしまえば果実問題は解消しますが、そのあとの土地利用が中々大変です。

果樹はもちろん木なので、地中に根っこを張り巡らせています。この根っこも丁寧に除去しないと、次に植えた作物生育の邪魔になったり、地中で腐って病気の原因になったりします。

コンクリで埋め固めるなら話は別ですが、土のまま置いておくなら、根っこの除去も必須です。これが人力だと中々大変で、機械を入れるとかなりお金がかかります。

 

「空き地に果樹を植えておけば税金が安くなる」というテクニックを勧める人もいますが、税金が安くなっても、そのあとの諸々の手間の方が高くつくこともある……かもしれません。

 

果実の処理を考えると、花を育てるのが一番手がかからないんでしょうね……少しずつ移行していきたいところです。

iPhoneX触ってきました→やっぱりiPhoneSE2が待ち遠しい

 

仕事帰りに家電量販店に寄ってきました。

主な目的はE-M1mk2用のカメラバッグ捜索なのですが、もちろんiPhoneXも忘れてはいません。発売前から(憶測含め)楽しませてもらいましたし、発売後もいろんな方のレビューを見ながら心をときめかさせてもらっています。

 

実際に触って見たところ、魅力的な機種であることは間違い無いのですが、iPhoneSE2を心待ちにしている自分にとっては、やっぱり向いていない機種だなと思いました。

常用・携行するには大きく重く、カバンに入れておくならもっと画面が大きいものーーiPadの方が使い勝手良いです。

以下、雑感です。

続きを読む

【ポケモンSM】デデンネと一緒に島巡りしました

つい先ほど、サブロムのポケモンサンをクリア(初回殿堂入り)しました。

サン限定のウルトラビーストを捕まえるのが主目的なので、サクサク周回したい一方で、ただ作業的に回すのもつまらない……ということで、デデンネと一緒に旅をしてきました。

以前記事にもしてみましたが、ぬしポケモンバトルにおけるデデンネのポテンシャルを実際に試してみたくなってしまったのです。

 

midnightcats.hatenablog.com

 

試練の記録

 

イリマの試練:デカグース

S101から繰り出される「あまえる」で先制、攻撃をガクッと下げてしまえば怖くありません。C81も序盤で優秀で、でんきショックの威力も十分。余裕の勝利です。

 

スイレンの試練:ヨワシ

思考停止パラポラチャージで問題なし。ママンボウもただのHPタンクです。

ぬしヨワシが使ったオボンの実を特性ものひろいで回収する場面を実際に見た時には、戦慄が走りました。こいつ、本当に島巡りシステムーーアローラの文化を破壊してしまうのでは……?

 

カキの試練:エンニュート

ほっぺすりすりする隙すら与えられずに落ちました。無理です。

 

マオの試練:ラランテス

ソーラーブレードを打たれる前に「あまえる」を入れて、仲間ケララッパにボルトチェンジを決めて後続へ。ナイス起点作りです。

 

マーマネの試練:クワガノン

出番なし。かいでんぱさえあれば……

 

アセロラの試練:ミミッキュ

安定の初手ほっぺすりすり→ばけのかわを剥がし麻痺を入れるも、ラムの実で回復される。

もちろん計算通りで、「ものひろい」でラムの実を奪取。ゴースたちのさいみんじゅつに備えます。

次ターン、再度ほっぺすりすりで麻痺を入れる。仲間のゴースにさいみんじゅつを仕掛けられるも、ラムの実で目覚める。

 

3ターン目、パラポラチャージで攻撃。ゴース一撃、ミミッキュにもそこそこダメージア入り、こちらは体力回復。このまま押し切れるかと思ったのですが……ミミッキュのものまねでパラポラチャージをコピーされてしまいました。

 

お互いにパラボラを広げてゴース達からHPを奪い合う展開。パラポラチャージのPP切れまで粘ろうかとも思いましたが、不毛なので止めました。

結局、麻痺を入れてからボルトチェンジで逃亡することに。電気ネズミ一門として悔しい限りです……

 

ポニ島:ジャラランガ

じゃれついているうちに終了。

 

総評

よっぽど不利な相手以外には十二分に仕事をしてくれました。

USUMにはストーリー中に禁止伝説ポケモンを使われることもあるらしく、SM以上に起点作りの役割が重要になってくる予感がします。

発売まで残りわずか、楽しみです。

【OM-D E-M1 mark2】手持ちチャレンジしてみました in 雄島

先週の週末は今年初のスケジュール通りに三連休を取得できることになり、ちょっとした旅行に出ていました。

休めて嬉しいという極めて人間的な感情と、サービス業なのに三連休に暇を言い渡される(=連休なのに集客策が打てずコストカットを優先した)ことへの危機感とが混ざり、なんとも言えない気分でした。

 

背景はさておき、紅葉シーズンということで、宮城県の松島に行ってきました。

続きを読む

社畜的文章に慣れ親しんだせい?で高校受験の問題文が理解できない

友人が脱サラして学習塾を開くということで、陣中見舞いも兼ねて準備を手伝ってきました。

新興の住宅街に近接した、中高生向けのアットホームな塾にしていきたいとのこと。

圧倒的に強い大手予備校が無い田舎なので、既存のカリキュラムをこなすタイプのスタイルではなく、学校や他の塾の補完的立場を開拓していく方針らしいです。

 

続きを読む

【地域】奥能登国際芸術祭に行ってきました

能登半島の先っぽにある珠洲市でこの秋開催されていた「奥能登国際芸術祭」に行ってきました。もう1ヶ月近く経過してしまいましたが……

 

市内のいろいろなところに作品が点在していて、全部は回り切れなかったのですが、とても面白かったです。

本格的に告知を始めたのが7月に入ってからで、集客できるのかお節介ながら不安に思っていたのですが、想定の倍以上の方が見にきてくれたようで、大成功とのこと。

 

芸術祭自体のレポートは既にたくさんの方がアップしているので、僕からは写真だけ載せておきます。

続きを読む