読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隘路

社畜による情けない日々

【ポケモンSM】過去の悲劇

雑記 ポケモン

休日という概念が消失しており、ポケモンを触れる時間もほとんどなく、かろうじてGTSにサファリボール入りナックラーを仕掛けている日々を過ごしています。

年度末だから、多少は仕方ないと思いつつ…しんどいです。

 

テッカグヤもカプも相当数貯まってきたので、最近は過去作伝説を探しています。

ORASどちらか片方だけで捕獲可能なポケモンは釣れますが、各ソフトの固有ポケモンを両方捕まえないと出現しないキュレムギラティナランドロスは全然引っかかりません。

 

そんな中出会ったのが、異様に個体値が低い3犬。

ファイアレッドリーフグリーンの徘徊個体です。

 
f:id:midnightcats:20170325223706j:image
f:id:midnightcats:20170325223719j:image

理由はよくわかりませんが、当時の徘徊個体はHPと攻撃以外0なんですよね。

自分は3犬セットで、友人のネガイボシジラーチと交換した思い出があります。

もう13年前なんですね。

 

悪いファンたちから女主人公が「フグリちゃん」呼ばわりされている件を覚えたてのインターネットで見て、はじめてふぐりという言葉の意味を知ったのも良い思い出です。

 

この3犬達、対戦転用は無理ですが、過去の記念碑的な存在としてしっかりキープしておこうと思います。

 

月残業100時間のライフスタイル

残業 社畜 雑記

月残業100時間容認によりアクセス数が伸びてて若干うれしいのですが、残業代が満額支給されない田舎の木っ端労働者としては、危機感のほうが優勢です。

 

先日、ニュース番組で

「残業月100時間の生活とは、だいたい22時30分に退社する生活です」というざっくりした説明が、円グラフとともに映っていたのですが、それを見た瞬間に違和感を覚えました。自分のライフスタイルと全然違う。

 

自分が違和感を覚えたのは、「22時30分退社」の部分です。

「月100時間残業を1日あたり5時間残業」に置き換えるのは、モデル化としては妥当なのでしょうが、労働者哀史っぷりを強調したいのであれば、これでは物足りないと思います。

 

続きを読む

テッカグヤはもう通貨ではないのかもしれない

ポケモン 雑記

相変わらずGTSでサファリボール入りナックラーを流してますが、今日ついにカプ&UBボックスが5つ目に突入しました。

最近はサファボナックラー仲間が増えてきたみたいですが、成約率は変わりません。

需要に対し、全然供給が追い付いていないようです。

続きを読む

金色のガッシュ!に出てくる「心の力」を実感する今日この頃

雑記 残業 社畜

ちょうど私が高校生から大学生の頃、古典的名作「金色のガッシュ!」が週刊サンデーで連載してて、毎週楽しみに立ち読みしていた記憶があります。

 

(以下、「金色のガッシュ!」を知っていること前提です)

 

続きを読む

久々に週30時間残業した結果

雑記 社畜 残業

今週は久々にザ・社畜といった一週間でした。

毎日安定して23時頃に退社していたので、一日5時間強×5日間で、計30時間の残業したことになるようです。

2017年に入ってから碌に残業していなかったので、心身ともに堪えました……

 

続きを読む

海岸漂着ごみの処理責任

パラリーガル 雑記

ハングルが書かれたポリタンクが二月中旬以降、日本海沿岸に多数漂着しているとして富山県は三日、見つけた場合は触らず、県の土木センターや自治体に連絡するよう注意喚起した。県内ではこれまでに二個が確認されている。

 県によると、県内でポリタンクは朝日町で二月二十七日、高岡市で同二十八日に各一個見つかり、同センターなどが回収した。いずれも青色で、容量は二十リットル程度。表面に「殺菌剤・漂白剤」「H2O2(過酸化水素)」を意味するハングルが書かれていた。

 富山のほか、八府県でも見つかっており、島根県で二千百十五個が回収されている。

引用元:ハングル表記のポリタンク漂着 富山県内2個確認で注意:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)

 

 日本海沿岸の各地で海岸にポリタンクが漂着しているようです。

冬の日本海沿岸には、季節風で波が強まる関係上、例年ポリタンクに限らずいろいろなごみが漂着します。

 

パラリーガルとして働いていたときには、海沿いの住民から
「ごみが大量に漂着しているのに行政が全然動かない」
「せっかく拾い集めたのに、行政が持って行ってくれない」
といった相談を何件か受けました。

 

近所の海岸にも、ポリタンク含め色々なごみが漂着していました。

 

続きを読む

【社畜レビュー】EF16-35mm F4L IS USMとEF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

感想 社畜

年明けからずっとミラーレス機の購入を検討してきましたが、仕事上の都合でもっと高解像度の写真を撮らなくてはいけなくなり(もちろん撮影環境は今まで通り、薄暗い室内での広角撮影が基本)、センサーサイズを小さくするのは一旦断念することになりました。

 

もちろん諦めたわけではないので、これからも機種チェックは怠らない所存です。

 

そんな状況の中、俗にいうトランプ相場のおかげで臨時収入が入ったので、前々から気になっていた「EF16-35mm F4L IS USM」を購入してしまいました。

 

続きを読む