長狭物

社畜による情けない日々

金沢へのZepp出展で地元新聞社真っ青?真っ赤?

西金沢駅近くにライブホール「Zepp」が出展するようです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4236734012032019LB0000/

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42357950S9A310C1TJ2000/

https://kanazawamachigation.com/built/28462/

音楽にはあんまり関心のない自分ですが、今回のZepp出展には興味津々です。

出展を報じたのは日本経済新聞の地域面のみ。
日頃からネタ不足の地域誌が一切取り上げなかったのです。
これは地元新聞社とZeppの間で戦争が勃発することを示唆しています。

県内在住の方ならだれでもご存知でしょうが、石川県内の文化事業は地元新聞社(特にH社)がヒトモノカネすべてを仕切っています
特にライブのような大きなイベントだと、広告料という名前のみかじめ料を払わないと、会場を押さえることすらできないでしょう。(多分)

現時点ではあくまでも「出展しますよ」というアナウンスであって、お金が動く局面ではありません。
しかしそれでも、流儀・マナーとして、公にする前に地元新聞社へ挨拶しに行くのが普通です。
こういう仁義を怠ると、営業開始後に嫌がらせを受けます。

大きな施設が建つとなると、絶対に記事になります。
しかも今回は長らく用途が決まらずにいた土地。土地利用が決まらずに困惑する住民の声など、過去にも幾度となく記事にしてきた土地です。
ずっと追跡してきた土地なので、ついに用途が決まったとなったら、絶対に記事にしたくなるはず。
それなのに報じませんでした。

もしかしたら単に取材力不足で、本当に知らなかったのかもしれません。
でも僕は「あえて報じなかった」説を推したい。
なぜなら、既に不仲だから。
というか、地元新聞社が一方的に敵視しているから。

Zeppは、地元新聞社よりも強大な存在です。
圧倒的コンテンツ力で全国からお客さんを集めるでしょう。
つまり、新聞社は、自分たちの一強時代の終焉、つまりみかじめ料ビジネスモデルがゆらぐのではないか?と恐れているのです。

日本経済新聞の記事は、「ライブ目当ての客層を広域慣行に誘導する工夫が行政に求められる」との一言で締めています。

これは多分実現しません。
地元新聞社から行政に対して圧力がかかるからです。

面白くなっていきそうです。

【社畜レビュー】ホリ乳業 「金澤プリン」

他人から贈られると滅茶苦茶嬉しいけど、自分で買うのは躊躇われる……

ローカルな特産品って、こういう商品が多いんですよね。

 


贈り物市場はどんどん先細りだと思うので、これらの商品も「自分へのご褒美」「プチ贅沢」等々の自家消費市場に、上手く乗り込んでいく必要があるんだろうなと思っています。

 

 

中でも僕がその典型だと思っているのが、高級プリンです。

プリン自体がそもそも手軽な「自分へのご褒美」であり、かなりの激戦区。

お値段張る分、言葉でこだわりを伝えるよりも、味の特徴での勝負になると思います。

 


久々のブログなので前置きが随分長くなってしまいましたが、知人からの贈答で入手したホリ乳業の「金澤プリン」を頂きました。

 

f:id:midnightcats:20190218223344j:image
個包装で紙ラベル付き。高級感のある外装です。

 

新幹線アイスもそうですが、内蓋のメタル感も高級感を引き立てますよね。


こちらのプリン、社名のとおり材料の牛乳がアピールポイント。

 

f:id:midnightcats:20190218223407j:image

さあ、お味のほうは……非常に上品でシンプル。美味です。

ただシンプルすぎて若干物足りません。

ということで、付属のカラメルを投入。


ミルク感が際立ちました。

カラメル入りの牛乳を飲んでいるかのような味わいです。

しつこい甘みもなく、食後のデザートにぴったり。万人にお勧めできます。

 


実はさらに上位ラインの夢ミルク館プリンという商品もあるようで。気になります。

【リマインダー】梅屋常五郎さんの福梅を買いに行こう

この記事は、下記と同日に、備忘録として書いておいたものです。

 

金沢の味に馴染み切ってしまった自分にとって、飴感の薄い福梅は衝撃でした。

今年ももう一度味わいたい。そして、まだ見ぬ金沢以外の福梅の味を探求していきたい。

 

あの日の決意を思い出すため、元記事ごと浮上させます。

 

midnightcats.hatenablog.com

 

 

今年の目標(敬称略)

・梅屋常五郎(再訪)

・のと屋

・行松旭松堂

・松葉屋

消費増税での中小小売店支援策のせいでかえって潰れてしまいそう

消費税10%への引上げが正式に表明され、中小小売店支援策(案)が示されたところですが……

この(案)のために中小小売店の多くが店じまいに追い込まれそうです。

 

2%の割引券

報道によると、「キャッシュレス支払いしたお客さんに、中小小売店だけで使える2%クーポンを配布」するとのこと。

お客さんにとっては美味しい話ですが、販売店側からするとマジで勘弁してほしいです。

 

どういう仕組みになるかは不明ですが、クーポン券として運用するのであれば

・お客さんが支払う金額が2%減る

・後日販売店から国に書類を提出して、その2%分を国が補填

という流れが、一番手間がかかりません。

 

この場合、お客さんがレジで支払わなかった2%分は、一定期間、販売店が負担することになります。

売掛金みたいなものですね。

 

この2%がでかいんです。

増税で確実に売上高が減少するうえ、さらに現金収入が2%後払いとなると、自転車操業の小売店仕入が起こせなくなるでしょう。

国からの2%補填を待つ間、店を閉じているしかないのでしょうか?

 

2%還元をやるのであれば、店舗での支出額はそのままで、お客さんが2%分を国から直接貰う仕組みにしてほしいと、切に願います。

 

そもそもキャッシュレスを導入したくない

国としては、消費増税に合せてキャッシュレス決済の導入も進めていきたいようです。

 

売店としては、キャッシュレス決済はなるべく導入したくありません。

小さい店になればなるほど、手数料がでかいからです。

 

僕の見聞きする範囲内で恐縮ですが、キャッシュレス決済の手数料(売上代金に乗じられる利率、電子マネー運用母体の取り分)は、上代金の5%くらいが相場です。

12%がボーダーだと提示されたこともあります。

 

大手のチェーン店であれば、3%前後と聞きますが、中小店舗では結構強気に提示されます。

 

売上金の5%は、かなり大きいです。時給が5%減るようなものです。

 

加えて、キャッシュレス決済ができるようになっても、お客さんは増えず、売上高も伸びません。

 

うちの店舗は先日、ついに経営陣が根負けして電子マネーを導入しました。

元々クレジットカードは一通り対応していましたが、加えて交通系マネーや携帯電話系(iDなど)、銀聯カードにも対応しました。

 

結果、売上総額が減少。

客数は変わらないのに、客単価が明らかに減少しました。

 

電子マネー利用のメリットとして、おつりが出ないことが挙げられます。

現金の場合、きりの良い1,000円近くまで「ついで買い」されていたところが、本当に必要なものだけを購入する動きが強まったようです。

加えて、交通系マネーの場合、チャージ額という利用上限があるので、購入金額は少なくなりがちです。

 

電子マネー利用者自体は相当数いたのですが、お客さんの総数が変わらないことから、これまでの利用客が現金支払いからキャッシュレス決済に変えただけと思われます。

そのため、売上高は減少するわ、支払手数料だけ増えるわ……利幅が狭まるだけでした。

 

この流れが半ば強制的に進むとなると、本当に終わります。

転職が決まる前に、無職になるかもしれません。

【社畜訪問記】ラ・プルーズ(川北町)にてかわきた味噌豚丼を食す

豚丼という料理には、大きく分けて2流派があると思っています。

一つはすた丼。ニンニクとスパイスの聞いたガッツリメニューです。

もう一つは甘くど系。バラ肉のような油っぽい部位を、砂糖醤油のような味付けでいただくものです。

 

……こんなことを考えながら外回り仕事をしていると、急に豚丼が食べたくなってしまい、最寄りで豚丼を提供していた「ラ・プルーズ」でお昼を食べることに。

Brewery & GardenHouse – わくわく手作りファーム川北

 

注文したメニューは「かわきた味噌豚丼」。

ご当地グルメというやつですね。

川北町特産のいちじくを使った味噌がポイントとのこと。

 

f:id:midnightcats:20181013140928j:image

温泉卵を乗せて、いただきます。

 

f:id:midnightcats:20181013140931j:image

美味しいです。

系統としては、冒頭に書いた甘くど系の王道なのですが、

いちじくの甘さ味噌の奥深い濃い味が、甘くどを強烈に後押し。

豚のアブラ分とも相俟って、食欲を煽りながらも満たしていきます。

 

すた丼と比べたら随分上品な見かけなのに、

すた丼に負けないくらいに中毒性のあるキャッチーな味わいです。

 

食後のコーヒー(セルフサービス)を頂きながら、再訪を誓いました。

 

奇しくも本日、東京のアンテナショップでも「かわきた味噌豚丼」が臨時出店していたそうですね。

www.facebook.com

 

いちじくの健康成分やヘルシーさをアピールしていますが、実際に食べた身としてはキャッチーな甘くどさのほうがしっくりきますね。

 

新登場フルサイズミラーレス「EOS R」「Z7」を銀座で触ってきた

東京出張のついでに、話題のミラーレスカメラ新機種を触ってきたので、ファーストインプレッションを書き残しておきます。

 

EOS R

銀座のキヤノンショールームで待つこと5分弱。
24-80レンズのデカさに圧倒されてしまいましたが、持ってみると意外と軽い。
直前まで展示機の1DXmk2で遊んでたせいかもしれませんが……

 

びっくりしたのが、ファインダーへの切り替えの早さ。
目をファインダーに合わせた瞬間に切り替わります。E-M1mk2よりも、後述のZ7よりも圧倒的に早いです。

 

AFも早くて正確で、5D4にも劣らないと思いました。

 

操作性は、個人的には微妙です。
以前も書いたとおり、マルチコントローラーが欲しかった。

あと、6Dmk2の時も思ったのですが、シャッター切ってからプレビュー表示されるまでのタイムラグが長くて、仕事用に使うのは難しいのではないかと思いました。


Z7

こちらも銀座のショールームで触らせてもらいました。

シャッター切ってからプレビュー表示されるまでのタイムラグがほとんどなく、サクサク撮影できます。α9を思い出すくらいのサクサク感です。

 

ただ、ここ以外のレスポンスがもっさり気味です。
特にAF。EOS Rを触った後だと、AFが弱いように感じられました。

 

シャッター切った瞬間の爽快感がとにかくすごいので、僕のように普段ニコン機を使わない方も、一度触ってみてほしい機体です。

 

結論


やっぱフルサイズになると、レンズが大きくなってしまうんですよね。
EOS MとEOS Rを比べてみたら、明らかでした。

加えて両機種とも、フルサイズ一眼レフのラインナップと比べて、操作性にやや難ありと感じられました。

どちらも面白い機種だとは思うのですが、現状の僕のニーズには合致しません。
むしろ、両機種を触ってみて、レンズ含めてコンパクトになる上、操作性も確保されているマイクロフォーサーズのメリットを改めて感じられました。

超広角レンズ、買い足そうかな……

金沢市直江町「らーめん一心屋 武骨屋商店」人手不足で休店!?

 

金沢市問屋町方面に出張したら、昼食はだいたい2択。
インデアンカレーか武骨屋商店のどちらかから選んでしまいます。

 

インデアンカレー

 

page.line.me

 

今回は麺類の気分だったので武骨屋に寄ったところ……

 

f:id:midnightcats:20180929162001j:image
人手不足で休業!?
まじですか。

 

飲食と並んで人手不足が叫ばれている小売業界に身を置いているので、現状はよくわかっているつもりです。

ただ、小売界隈の人手不足って、ややワガママというか、「頭数はいるけど、まともに接客販売できる戦力がいない」というニュアンスも色濃いんですよね。

 

それと比べて、飲食はマジで人がいなくて休業にまで追い込まれてしまう現状なんですね……

 

f:id:midnightcats:20180929162009j:image
心なしか、いつもより豚がしょっぱかった気がしました。涙が染み込んでいた?
美味しかったです。復活を祈っております。